社団法人日本カイゼンプロジェクト会長
柿内幸夫と行く企業視察

社団法人日本カイゼンプロジェクト企業視察 企業のカイゼン in 長浜

会期/2019年11月21日(木)~22日(金)

社員のモチベーション向上、新製品への発想力、生産リードタイムの短縮化、コストダウン・・・中小の製造業が抱える問題の数々…その解決のヒントがここにある! 長浜の元気な企業2社を視察!製造現場の情報を“肌”で知る。
社員のモチベーション向上、新製品への発想力、生産リードタイムの短縮化、コストダウン・・・中小の製造業が抱える問題の数々…その解決のヒントがここにある! 長浜の元気な企業2社を視察!製造現場の情報を“肌”で知る。

企業のカイゼンin 長浜とは

中小の製造業は様々な独自技術を開発・保持し、そのオリジナリティを活かして成長を続けています。
しかし、その一方で外部との接触が希薄になり、情報が入りにくくなるという現実がありました。独自のカイゼンであっても閉ざされた場での活動になってしまっては、その成果を正確に測定することも出来ません。
だからこそ、お互いに情報交換する場を設け、全く新しい観点からカイゼンを見つけ、問題解決の突破口を作ることが必要なのです。
そこで今回、素晴らしい特長を活かして業績を伸ばし続ける大塚産業マテリアル社とシガウッド社から、2社合同の工場見学会という大変貴重な場を提供していただける事となりました。
今回のプロジェクトの特長として、参加者は視察先からただ学ぶだけではなく、柿内幸夫と共にこれまでの経験や知識をベースに自社のためのカイゼンのアイデア出し、参加者全員でブラッシュアップを行い、「明日からできるカイゼン」を生み出すことになります。

この視察をよりよいものとするため、参加していただいた企業様とZOOM(ビデオチャット)を使用したオンラインコンサルティング(1時間ほど)のサービスを無料にてご提供させていただきます。 さらに希望者には、柿内幸夫の実地指導(リアルコンサルティング)を初回のみ通常の約半額にて受けることができます。

大変貴重なこの機会、是非お見逃しなく皆様ご参加ください。

日本カイゼンプロジェクト会長 柿内幸夫

柿内幸夫プロフィール

東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学大学院工学部経営工学科に留学修士課程修了、慶應義塾大学にて工学博士号を取得。
社長も従業員も一緒にみんなで現場改善をすることで、全社的な問題が見つかり、経営改革が始まるKZ法や、
会社の人すべてが身の回りの【チョコっと】したことを自分で改善し報告するしくみ。マネでも修理でもよく誰でもができるカイゼンを認めることから大きな改革が生まれるチョコ案などを提唱。
28年間のコンサルタント人生の中、約400社の企業のコンサルティングに従事、慶應義塾大学、静岡大学、多摩大学などの教授、現在までに国内外で計14冊の著書を出す。
昨年は経済産業省より先進技術マイスターを授与される。

視察企業紹介

1社目 大塚産業マテリアル株式会社

創業1706年、蚊帳の製造から始まる300年の歴史を持つ繊維加工のパイオニア。全員参加のカイゼンを通じた様々なアイデアの実現で経営力の向上を実現する。自動車内装品中心の業態から新規技術開発と営業部門の創設で新マーケットにも進出。包装技術協会2018年度経済産業大臣賞受賞!

2社目 株式会社シガウッド

創業1971年。一貫して木材加工分野で成長を続けている。会社設立時の自動車海外輸出梱包箱の生産から始まり、地元の戸建て住宅用木造2×4(ツーバイフォー)住宅のパネル製作部品の供給へと展開する。近年では木造2×4で高齢者施設や工場のような大型物件の生産を開始し、全国規模での展開へと発展している。工期の短縮、端材削減など「美しい建て方現場」を実現。

柿内幸夫に聞く2社の見どころ

大塚産業マテリアル社とは約20年、シガウッド社とは約10年にわたりカイゼンを通じてお付き合いをしてきています。両社とも経営トップを先頭に、皆が現場主義でワイワイガヤガヤとカイゼン活動をすることでQ・C・Dの成果はもちろん、新製品を生み出し、マーケットの開発を実現しています。私はこれこそが日本独自のカイゼン経営だと確信しており、今回の工場見学会にてその良さを更に抽出し皆で広げていきたいと思います。

見学会でご覧いただきたいポイント

大塚産業マテリアル社

  • 300年の歴史が持つDNA、三方よし経営現場主義
  • 常に先を読んで手を打つ経営
  • 営業部門の創設
  • 新技術の導入新商品の開発
  • 開発室の開設
  • 社員全員によるチョコ案の実施

シガウッド社

  • 工場のショウルーム化とマーケットの開拓
  • 協力会社も交えた安全対策
  • ベトナム人研修生の育成(6年間にわたる継続的な雇用と現地との交流)
  • 設計も入っての全体最適のカイゼンアプローチ
  • ベトナム人研修生も入れての改善実行活動
  • 中間品(仕掛品)を省いた生産ライン

企業のカイゼンin長浜 視察スケジュール

11月21日(木)

〜12:30米原駅集合 JR米原駅にて運営による点呼
12:30~13:15大塚産業マテリアル社に移動
13:15~14:00大塚産業マテリアル社挨拶および会社説明、柿内からの解説
14:00~15:30大塚産業マテリアル社の工場2ヶ所を見学
柿内が提唱するメソッドを活用し、良い点・改善点を発掘、続く討議の資料とします。
15:30~16:30グループ討議および発表
見学の中で発掘された良い点と、視察先へ提案する改善点を討論します。
16:30~17:00質疑応答
大塚産業マテリアル社会長および社長と、柿内が質問にお答えします。
17:00~17:30バスにて長浜ロイヤルホテルに移動
18:00~20:00ホテルにてお食事
次の懇親会まで自由にお過ごしいただけます。
20:00~22:00懇親会
(大塚産業マテリアル、シガウッドの両社の会長、社長ご出席)今日の振り返りと明日の見学会の見どころをお話し致します。

11月22日(金)

07:00〜08:30 朝食(各自ご自由にお取りください)
08:30~09:00バスにてシガウッド社に移動
車内にて昨日の振り返りと本日の見どころをブリーフィング致します。
09:00~09:45シガウッド社挨拶および会社説明、柿内からの解説
09:45~10:45シガウッド社工場見学
柿内が提唱するメソッドを活用し、良い点・改善点を発掘、続く討議の資料とします。
10:45~11:45グループ討議および発表
見学の中で発掘された良い点と、視察先へ提案する改善点を討論します。
11:45~12:15ディスカッション
両日の見学会を振り返り、今後どのように改善を実行していくかを話し合います。
12:15〜米原駅に移動・昼食会 (14:30解散)
二日間の振り返りをしたうえで、気楽な雰囲気の中、皆さんと交流しながら食事を楽しんでいただきます。今後のお付き合いのきっかけにもなるかと思います。

開催概要

会期/11月21日(木)~22日(金)
集合/JR米原駅 ※お申込み後、詳細案内をお送りいたします。
集合解散時間/11月21日(木)12:30 ~ 22日(金)14:30

視察研修費

企業研修第1弾記念早期割引価格
(10月15日12:00まで)

会員/88,000円(税込) 
非会員/110,000円(税込)



企業研修第1弾記念 通常価格

会員/99,000円(税込) 
非会員/121,100円(税込)

※宿泊費、お食事代、視察先での移動費を含む価格です

募集人数

20人 訪問先の受入人数に限りがございますので人数制限を儲けております。

参加特典

・ZOOMを使用したオンラインコンサルティング(1時間程度)
・柿内幸夫の実地指導(リアルコンサルティング)を通常の半額にて受けることができます。

参加お申し込みフォーム

必須
お名前
必須
メールアドレス
必須
会社名
必須
参加希望人数
任意
複数名参加される場合、代表者様以外のお名前
任意
今回の視察ツアーについてご不明点やご希望がありましたら自由にご記入ください。
任意
【非会員のかた】入会のご希望

日本カイゼンプロジェクトへの参加をご希望される場合チェックを入れてください。後日ご入会案内メールをお送りいたします。

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

ご入力いただいたメールアドレス宛に自動返信メールが届きます。
万が一届かない場合は info@kaizenproject.jp までご連絡ください。