物流現場改善の成功のポイント(1) 改善意識と改善ノウハウ

生産現場の改善は何十年も前からとことん実施されてきました。今では「歩行一歩」を詰める改善レベルにまで来ていると思われます。
このような現場改善ですが、塵も積もれば山となる、のたとえではないですが、日本の製造業の強さを象徴しています。
真面目に、かつ愚直に取り組むことが企業収益に大きなメリットをもたらすのです。実は物流現場でも同じ取り組みをしていけば、もっと会社の利益は上がりますし、従業員の給料にも反映されることになると思われるのです。
にもかかわらずなぜ物流現場では改善がそれほど進んでいないのでしょうか。その大きな要因が「改善のノウハウがない」ということでしょう。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目